ベアのす

ガジェットとかお菓子とか雑記

【エレコム】「TK-FBM111BK」3千円以下のマルチペアリングが可能なキーボード

エレコム株式会社は、2020年8月18日に「TK-FBM111BK」をリリース。3台までペアリングができ、接続先の切り替えがボタン1つで可能。価格は2,500円ほど。低価格ながらも機能が充実したキーボードです。

「TK-FBM111BK」の価格は2,500円ほど
「TK-FBM111BK」

独立したキーと、ほどよいストロークが確保されているのが特徴。キースイッチ方式がメンブレンながらも、気にならないくらいに快適なタイピングが可能です。

「TK-FBM111BK」の価格は安い
正統派のキーボードといった印象が強い


ここが良いポイント

  • 低価格(3千円以下)
  • マルチペアリング対応(3台)
  • 単三乾電池1本で動作

基本的に悪いところはない。強いて挙げるなら「触り心地が安っぽい」ということ。高級志向には耐えられない部分と思いますが、問題とするほどでもありません。

前置きが長くなりましたが、さっそくレビューしていきますー。

概要とスペック

「TK-FBM111BK」は安価だが個包装されている
ビニールで簡易的に包装されている

2,500円で買ったこのキーボードは、意外にも打ちやすい。安いBluetoothキーボードのようなチャタリングがなく、遅延を感じない。打鍵感が良好で、耐久性もそこそこありそうに見える。つまり、キーボードとしての信頼性が高いということ。

「意外」という言葉をつかった理由として、エレコムブランドは、値段相応かそれ以下の印象。これまで購入したエレコム製品は、「これいいよ」と誰かにオススメすることはありませんでした。

しかし、このキーボードは誰かにオススメしたくなるくらいタイピングが快適です。

では、製品の概要を説明します。

メーカー型番 TK-FBM111BK
接続方式 Bluetooth(R)無線方式
対応機種 Bluetooth(R)HOGPプロファイルに対応したPC、タブレットスマートフォン
対応OS Windows 10、Windows 8.1macOS Catalina(10.15)、Android7~10、iOS13.4、iPad OS13.4
接続可能台数 3台
カラー ブラック※2020年10月時点では一色のみ
通信方式 GFSK方式
電波周波数 2.4GHz帯
電波到達距離 約10m(磁性体のある金属製の机などでは約3mまでと制限あり)
キースイッチ メンブレン
キー配列 92キー(日本語配列) ※iOSのかな入力は非対応
キーピッチ 19mm
キーストローク 3.5mm
ホットキー数 13キー
電源(キーボード本体) 単三形乾電池(アルカリ、マンガン、ニッケル水素2次)
想定電池使用期間 アルカリ乾電池で約8ヶ月間 ※1日8時間使用を想定
外形寸法(キーボード本体) 幅364.3mm×奥行150.8mm×高さ33.5mm(スタンド含まず)、幅364.3mm×奥行150.8mm×高さ42.0mm(スタンド時)
質量(キーボード本体) 約507g
付属品 単3形アルカリ乾電池×1(動作確認用)/タブレットスタンド
保証期間 6カ月
対応プロファイル HOGP(HID Over GATT Profile)
その他 適合規格:Bluetooth 5.0 Class2

接続方式:Bluetooth 5.0

「TK-FBM111BK」は電源オンオフが可能
電源スイッチと、接続先切替キー

接続の安定性、省電力性に長けたバージョン。途切れることなく常に使い続けることが可能です。

なお、通信可能距離は見通し約10mまで。磁性体の近くに設置した場合は、距離が短くなるようです(未検証)。

キータイプ:メンブレン

可もなく不可もなし。特に不快感もなく普通に打鍵できるレベル。ただし、打鍵音はそれなりにあり、カチャカチャ・コトコトといった音が出ます。

キーピッチ:19mm

「TK-FBM111BK」のキーピッチは19mm
無変換キーと変換キーがもう少し大きければ…

広すぎず狭すぎず。ちょうどよい幅。

キーストローク:3.5mm

深すぎず浅すぎず。個人的には、5mmほど短くして3mmでも良かった。身体が元気なときはガシガシ使えるのだけど、疲れているときはもう少しゆったりめに打鍵したいところ。

ペアリング台数:3台

パソコン、タブレットスマホなど使い分けに最適な台数です。

しかし、3台というのはマルチペアできるキーボードなら当たり前。3台以上まで対応できれば付加価値があったと思います。

電波周波数:2.4GHz帯

5GHz帯のWi-Fiと混線しない。

重量:507g

ちょうど良い重さ。強い打鍵をする場合は、キーボード本体が動かないよう固定するなどの調整が必要です。

遅延が少ない

ワイヤレスキーボードは遅延が生じるもの。キー入力の遅延によるストレスが精神に与える影響は非常に大きい。

しかし、本キーボードはほとんど遅延を感じないため、ストレスを感じることは少ないでしょう。


POINT

Bluetoothの遅延をなくすには、電磁波から遠ざけることや、障害物をキーボードの周りに置かないことが重要です。

ゲームでも使える

遅延が少ないことから、ゲームでの使用もそれなりに快適です。

同時押しは5キーまで。6キー以上は反応せず。FPSやアクションゲームで、6キー以上を同時押しする必要がある場合は厳しいでしょう。

ただし、Bluetoothへの電波干渉など環境によって安定性が左右する。ゲームでも使えるとはいえ、専用につくられているわけではないので、できることなら有線タイプのものを選びたいところです。

単三乾電池1本で動作する

「TK-FBM111BK」は単三乾電池1本でOK
背面カバーを外して乾電池を取り換える

Bluetoothキーボードといえば、リチウムイオン電池を充電することが多い。中には充電しながら使えないものがあり、非常に不便です。

しかし、単三乾電池1本を交換するだけで済み、充電する必要がない。充電タイプの乾電池なら、何本か用意しておきあらかじめ充電しておくことで、時間の節約ができます。


POINT

PFU社の高級キーボード「Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID」も単三乾電池を使用します。電源の確保が容易なので、緊急時はコンビニへ行けば良いですね。

おまけ:HHKBと比較

どっちが良いと判断するのは難しいところ。HHKBは高価・高機能・高性能と3拍子。しかしどちらもキー入力で躓くことはない。「なんでもいい」って場合は、低コストな「TK-FBM111」をおススメします。

TK-FBM111BK HHKB HYBRID
接続方式 Bluetooth 5.0 Class2 Bluetooth Ver4.2LE Class2、USB Type-C
最大接続距離 最大10m 最大10m
マルチペアリング台数 3台 4台
カスタマイズ機能 なし DIPスイッチ、キーマップ変更機能
キー仕様 メンブレン 静電容量無接点方式、押下圧45g、4.0mmストローク、シリンドリカルステップスカルプチャ
キーピッチ19.05mm
キー数 92個 60個
サイズ(幅×奥×高)mm 364.3×150.8×33.5 294×120×40
重さ 507g 540g
電源 単3形乾電池×1本 単3形乾電池×2本、USBコネクターからの給電
動作時間 約8ヶ月 約3ヶ月
サポートOS Windows 10、Windows 8.1macOS Catalina(10.15)、Android7~10、iOS13.4、iPad OS13.4 Windows 8.1Windows 10、macOS 10.14以降、Android 4.4以降、iOS 11.4以降、iPadOS 13.0以降
価格(税込) ¥4,862 ¥30,250

※サポートOSを「以降」と表記しないのは、理由があってのことなんだろうか…

まとめ

安くても通常使用には影響なし。価格から考えるとコスパが高い製品。あとはどれくらいの経年に耐えられるのかが問題。ひとまず24時間使用してみた結果、とくに動作不良はありません。

当面はTK-FBM111BKを使ってブログを書いていこうと思います。