ベアのす

ガジェットとかお菓子とか雑記

バリトン ナッツクリームと、チョコクリーム 100円でウメェが出来たのでレビュー

バリトン ABK チョコ

ガジェット系ブログを目指しているつもりなのに、モバイルモニターの話ばかりのQumataです。

さて、今回は(も)、小道に逸れまして、100円ショップで見つけた、美味しいお菓子を紹介します。

ローソンストア100で買った、ボノボンライク(?)のチョコ!

バリトン ナッツクリーム&チョコクリーム

5粒/袋で100円です。

パッケージがカラフルで、なんだかワクワクします。

ナッツクリーム味

バリトン ABK チョコ 個包装

包装はキャンディタイプ。

解く前から、すでにチョコとナッツの香りが漂います。

サッと開けることができて、ストレスを感じません。ワクワク感を邪魔しません。

バリトン ABK チョコ 中身1

包装を解いてみました。

チョコの下には、ライスクランチがあります。ボコッと隆起しています。

バリトン ABK チョコ 中身2

意外と表面が硬くてですね、うまく割れませんでした。

気を取り直して、中を見ていきましょう。

バリトン ABK チョコ 中身説明1

チョコレート、ウエハース、クリームの層で構成されています。

最初にチョコを薄っすらと感じ、そのあとにクリームがドサッと口の中に入ります。

ボノボンが好きな人には、たまらなく快感だと思います。

ちょっとナッツの風味が強いかもしれません。

チョコクリーム味のほうがオススメ。

チョコレートクリーム味

バリトン ABK チョコ 美味しい

ナッツと比べて、チョコの香りが強いです。

包装のデザインと、香り以外はナッツと大きな差はありません。

包装を解くと、ナッツと同じ見た目。

一見ではどちらの味なのか、見分けがつかないですね。

こちらは中身です。

やはりクリームが所狭しと詰められていますね。ギッチギチです。

※今回はうまく割れました。

見た目がナッツクリーム味と、同じですね。

チョコクリーム味のほうが、ウエハースが柔らかい気がしました。

結論:チョコクリーム味のほうが美味しい

まったりとしたチョコクリーム。ほどよい甘さで、しつこさがなく、チェーンできます。

ゲームや読書、ブログ更新などの合間に栄養補給として使えそうです。

一方で、ナッツクリーム味の風味が強いです。

かなり人を選びそうだと思いました。

詳細など

成分表と、栄養成分表を並べてみました。

原材料やグラム数は同等ですが、栄養成分はすこし違いました。

たんぱく質、脂質、食塩はナッツクリーム味が高いのに対し、炭水化物はチョコクリーム味のほうが高いです。

ナッツクリーム味

名称 菓子
原材料名 植物油脂、砂糖、ホエイパウダー、小麦粉、粉飴、ココアパウダー、全粉乳、ライスクランチ(米粉、砂糖、ココアパウダー、食塩)、脱脂粉乳、バターオイル、でん粉、食塩/乳化剤、香料、膨張剤、酸化防止剤(V.E)、(一部に乳成分、小麦、大豆を含む)
内容量 5個
賞味期限 枠外右下部に記載
保存歩法 直射日光・高温多湿の場所を避けて、28℃以下の涼しい場所で保存してください
原産国名 ウクライナ
輸入者 株式会社 宮田
表示単位 1個(標準16g)当たり
エネルギー 91 kcal
たんぱく質 0.8 g
脂質 5.8 g
炭水化物 8.9 g
食塩相当量 0.04 g

チョコクリーム味

名称 菓子
原材料名 植物油脂、砂糖、ホエイパウダー、小麦粉、粉飴、ココアパウダー、全粉乳、ライスクランチ(米粉、砂糖、ココアパウダー、食塩)、脱脂粉乳、バターオイル、でん粉、食塩/乳化剤、香料、膨張剤、酸化防止剤(V.E)、(一部に乳成分、小麦、大豆を含む)
内容量 5個
賞味期限 枠外右下部に記載
保存歩法 直射日光・高温多湿の場所を避けて、28℃以下の涼しい場所で保存してください
原産国名 ウクライナ
輸入者 株式会社 宮田
表示単位 1個(標準16g)当たり
エネルギー 91 kcal
たんぱく質 0.6 g
脂質 5.6 g
炭水化物 9.4 g
食塩相当量 0.03 g

原産国:ウクライナ

「チョコレート王」といえば、わかるでしょうか。

だからといって、バリトン ナッツクリームと、チョコクリームが美味しいかといえば、人それぞれの好みですかね。

個人的には、やはりナッツクリーム味の風味は、強いクセを感じました。

まとめ:楽天に売ってました

送料・・・