ベアのす

ガジェットとかお菓子とか雑記

クレカより小さいのに、ノートパソコンを充電できるハイパワー!窒化ガリウムの「Anker PowerPort Atom III 60W」

Power Port Atom III

ノートパソコンのACアダプタが重いから、軽いものを買ってみたよ!

今回購入したのは、「Anker PowerPort Atom III 60W」という製品。細かいことは後ほど紹介していくけど、とにかくコンパクトで持ち運びに便利なんだ。

では、さっそくレビューしてくよ。

概要

enter image description here

「Anker PowerPort Atom III 60W」

USB type-Cのポートが1つ。最大60Wまでの給電が可能な充電器。iPhoneiPad、それからMacBookなど、さまざまなモバイル向け製品で利用ができる。

特徴は3つ。まず1つ目は、コンパクトで軽量であること。次に、60Wまで給電が可能なこと。最後に、プラグが折りたたみ式であること。

Atom III 横から見た

Atom III の背面

また、同様の製品がAmazonなどのECサイトで乱立する中で、価格が安めであることも魅力。

ちなみに、Amazonだと定価の3,999円だけど、楽天なら3,399円と安値がついている。見過ごせない差なので、気になる人は、ぜひともチェックしてほしい。

「Anker PowerPort Atom III 60W」の強み

概要でも記述したけど、3つの特徴が強み。

1.最大60Wまで出力できる

HP Spectre X360 13 ap-0000

65Wで給電するノートパソコン「Spectre X360」 で充電してみた。

給電テストの環境
家庭用コンセント(タップ)へAnker PowerPort Atom III を差し込み、Windows10上でYoutubeとStackEditを使用中に充電。バッテリ残量は、72%の状態からスタートし、10分間計測。

結果
約4%の76%まで充電できた。単純に計算すると、100分で40%充電できることになる。電源を切った状態なら、もっと速い。

なお、「Spectre X360」を充電するには、65WのACアダプタが必要。メーカー公称値どおり、「Anker PowerPort Atom III 」は、60Wの出力ができているということになる。

ワットチェッカー?はて。

2.コンパクトで軽い

公式には、132gとあるが、それより軽かった

製品のサイズ
縦58mm×奥行61mm×厚28mm
重量 128g

横から見ると、ほぼ真四角。洗練されたフラットなデザイン。可もなく不可もない印象がある。iPhoneMacBookと組み合わせると、とてもオシャレに見えるのがポイント。

Atom IIIを開封したあと

外装が樹脂なのか、プラスチックなのか、よくわからないのだけど、ややチープ。そして、見た目がコンパクトサイズなので、手に持ってみると「あれ?想像していたよりも重い」と感じた。見た目よりも、内部の基盤などがぎっしりと詰まっていることがうかがえる。

ただ、それは手に持った時の話であって、バックパックに入れてみたところ、ほとんど重量感がない。130gの重さを、肩で感じるのは難しいか。

バックパックの小さな内ポケットに収納してみたところ、難なく入る。純正のACアダプタだと、内ポケットには入れられなかったので、非常に助かった。

もちろん、ジーンズのポケットにも、ストンと入る。

3.プラグを折りたためる

プラグ収納ができるAtom III

プラグが折りたたみ式なので、非常にコンパクトになる。たったそれだけのことだけど、どこへでも持っていきやすい。

もし、プラグが折りたためなかったら?言うまでもなく、プラグが出っ張って邪魔。バックパックの内側ポケットに入りきらないし、コンパクトとは呼べないだろう。つまり、収納できるからこそ、この充電器は価値があるといっても良いと思う。

ちょっと気になったこと。

プラグが少し固い。折りたたむときは問題ないのだけど、展開する際に、すこし力が必要になるかもしれない。コツを掴めば問題ないはずなので、何度も繰り返してみてほしい。

まとめ

軽い、ハイパワー、コンパクト。すべてが揃った充電器。それが、「Anker PowerPort Atom III 60W」です。

USB Typer-Cのポートが使えるものであれば、基本的に充電できるはずです。ただし、高出力で充電できるかどうかは、端末のスペック次第です。購入前に、事前チェックしておきましょう。