ベアのす

ガジェットとかお菓子とか雑記

低遅延なBluetoothイヤホンでゲーミング環境を構築!快適すぎて、もう有線には戻れないね

有線イヤホンでFPSをプレイしていると、ケーブルが鬱陶しく感じるようになった。しかし遅延ゼロの環境を捨てるのは惜しい。が、ワイヤレスは遅延する。そんな悩みを解消すべく、「aptX ll」に対応しているBluetoothイヤホンを購入。

ELECOM RH1000

ELECOM RH1000BK

項目 詳細
通信方式 Bluetooth 5
出力 Bluetooth Power Class1
最大通信距離 約10m(受信機との間に障害物がなければ)
使用周波数帯域 2.4GHz帯
変調方式 FHSS
対応Bluetoothプロファイル A2DPAVRCPHFPHSP/HID
A2DPの対応コーデック SBC/ AACQualcomm(R) aptX(TM)/ Qualcomm(R) aptX(TM) LL
A2DPの対応コンテンツ保護 ◯:SCMS-T方式
最大登録可能台数 8台
マルチポイント(同時待受け) 対応
再生周波数帯域(A2DP) 20~20,000Hz(44.1kHzサンプリング時)
連続再生最大時間 4.5時間
連続通話最大時間 5.0時間
連続待受最大時間 最大150時間
充電時間 2時間
マイク型式 デジタルMEMS型
質量 14g
本体カラー ブラック
保証期間 1年
付属品 USB充電ケーブル、イヤーキャップ(S/M/L)各1組、取扱説明書 別冊
ヘッドホン 型式 密閉型
ドライバーユニット 10mm(フルレンジ)

左右一体タイプの格安Bluetoothイヤホン。ヨドバシで3,800円くらいで購入。ELECOM製は「安かろう悪かろう」で、仮にモノが良くても耐久性が低かったり、デザインがよくなかったりするのでは?と疑問を持ってしまう。しかし、「ELECOM RH1000」はそんな先入観を見事にぶち破ってくれた。この価格でよくぞここまで。

最大の特徴は、aptX llに対応していること。その他には、8台までマルチペアリングが可能なことや、BASSブースト、それからカメラシャッター機能が付いている。

ただし、連続稼働時間が4.5時間ほどしかなく短い。一日中プレイするヘビーゲーマーには、すこし物足りなく感じてしまった。長時間、ぶっ続けでプレイする場合は、2時間インターバルを置いて充電するか、予算が許すなら、2本用意しておくと良いだろう。

音質ヨシ、音域ヨシ、定位ヨシ。

クリアでよく聴こえる。音域のバランスが良く、高音から低音まで違和感なく表現。Qumata的には、ややシャリ寄りかと思うけど、聴き疲れるほどではない。また、定位がきちんと取れているため、FPSゲームなどでも活用できる。

装着感は心地よし。

カナル式が苦手な人でも大丈夫。イヤーピースはサラサラしており、長時間に及ぶ着用でもベタベタすることはない。Qumataはカナル式が超絶苦手なんだけど、これは大丈夫。

ケーブルの引力から解放された。

ずっと「Arctis 5」と「SHURE SE215」のワイヤードを使用していたのだけど、ケーブルがとにかく邪魔だった。どちらの製品もオーディオ機器としては、いっぱしの性能を持っているけれど、頭を鎖で結びつけられたような感覚があって、嫌気がさしていた。そんな状況から一変、実用的なBluetoothのおかげで、心と身体に解放感が生まれ、同時にプレイの余裕も出たような気がする。

ちょっと大げさな表現だったかもしれないけど、色々とラクになるので超オススメ。

遅延の具合はいかほど?

「aptX ll」の遅延は、40ms(0.04秒)ほど。「ELECOM RH1000」は、スペック通りの遅延と思う。音に全神経を集中させてみると、やや遅れを感じる。ような気がする。0.04秒の遅れなんて、並の人間なら明確に感じることは難しいだろう。実際に、FPSゲームのプレイや動画の視聴くらいでは支障がない。

つまり、「映像と音声がズレている」ということを体感するのが難しいレベルということ。

なぜイヤホン?

ヘッドセットだと、夏場の運用がキツイ。それから、オーバーイヤーが窮屈に感じるから。

以上

まとめ

radius
RK-BT100AKとELECOM
LBT-RH1000

遅延はあれど、有線とほぼ変わらない使用感。それでいてワイヤレス。そして4,000円以内で購入できてしまうというモンスターコスパBluetoothイヤホン「ELECOM RH1000」についてご紹介した。

バッテリ駆動時間が約4.5時間しかないことに目を瞑れるのであれば、Bluetoothイヤホンで右に出る製品は、そうそう見つからないだろう。安価な「aptX ll」対応のワイヤレスイヤホンをお探しであれば、ぜひ試してみてほしい。