ベアのす

ガジェットとかお菓子とか雑記

『コロナかも?』抗原検査を受けることになった話

管理人のqumataが、急な発熱と体調不良に見舞われました。

発症した当時は、「季節性の風邪」といった軽い症状でしたが、発熱があるので当然ながら会社を休むことになってしまいました。

こんな世の中なので、『風邪です』なんて安易な自己判断は出来ません。

通院した結果、抗原検査を受けることになり、結果は陰性。ただただ、自身の認識の甘さを痛感した出来事でした。

外出時にマスクを着用しない人たちや、エレベーターなど密な状況で会話する人たち には、ぜひとも読んで欲しい。「自分は大丈夫です」なんていう絶対はありませんので。

これは僕が、コロナかもしれないし、そうじゃないかもしれない。だけど、万一のことがあったら・・・という、恐怖を感じたという話です。

体調不良・初日

『なんだかだるいなぁ』

会社から帰宅した後、うっすらと感じる腰の痛みと倦怠感。発熱を疑い、検温するも36度で平常時と同じ。体調を崩すと仕事に影響すると思い、22時頃に就寝しました。

しかし、早く寝すぎたせいで、3時頃に目が覚めトイレへ。トイレから出ると、就寝前に感じていた倦怠感と腰の痛みが増していることに気が付きました。

検温してみたところ、37.2℃の微熱。ふたたび寝床へ戻るも、悪寒のせいで睡魔が遠のく。『もしや一晩したら解熱できているのでは?』と期待しつつ、なんとか眠りにつきました。

体調不良・2日目

昨夜の体調不良と打って変わり、すこぶる快調。発熱はおさまり、起床時は36度台で落ち着いた。『仕事の疲れかもしれないな』と自分に言い聞かせ、そのまま会社へ向かいました。

昼食後のタスクをこなしていると、ふたたび体調不良。倦怠感と関節痛があり、同時に強い動悸・息切れ。関節痛については、腰のほかに、足首や肩甲骨あたりにまで発生。昨日と比べると、明らかに状態が悪化していました。

急いで検温してみると、38度の高熱。上司に事情を説明し、すぐさま帰宅。そのまま保健所へ連絡、今後の対応について相談しました。

  • 体温は何度か
  • いつから発熱があるのか
  • どのような症状か
  • 海外渡航歴について
  • 周囲にコロナ陽性者は居るのか
  • 咽頭痛、下痢、嗅覚・味覚障害はあるか
  • 体調の悪化はないか
  • 夜の街へ繰り出していないか

など、僕自身について色んな質問がありました。

当然ながら、僕は普段からコロナ対策をやっているし、感染する可能性はきわめて低い。Amazonのおかげで、ステイホームを極めた。手洗い・うがいの徹底、消毒液をつねに持ち歩いているし、密はなるべく避けるようにしている。だから、そんなはずはないと、憂鬱な気持ちになりました。

それと同時に気づいた「事の重大さ」。僕はなんて無関心だったのだろう。自分がコロナに感染するなんて想像はなかった、ということを自覚してしまった。これまで感染者数を毎日のように追い、どのような対策が効果的なのか、今日のコロナマップは・・・などと、他人が感染したことについて関心を寄せつつも自身のことになれば話が別、という思考回路になっていた。こんなはずは・・・と思いつつも、保健所の職員が優しく発する言葉(質問)に、涙が滲んでしまいました。

そして、さらなる自己嫌悪。今朝は発熱がなく体調が万全だったにせよ、前日の夜は体調が悪かった。一時的に快復していただけという考えもあった。しかし、自身の業務量を考えると、一日でも穴をあけてしまえば仕事が捗らなくなる。つまり、自己保身のために、他の人をコロナの危険にさらしてしまった可能性がある。そう考えると、居てもたってもいられなくなりました。

もし、僕がコロナに感染していたら、僕の周囲に居た人たちの生活はどうなるんだろうか―。そんなことで、頭がいっぱいになりました。

ほどなくして、保健所の職員との会話が終了。その後、大阪府のホームページから医療機関を探し、診療予約が完了。翌日の午前中に受診することとなりました。

体調不良・3日目

3日目の朝、体調不良が快復していました。

まだコロナの疑いが晴れたわけではない。しかし、あまりに体調が良くなっていたので、『もう受診しなくても良いんじゃないか。』という甘い期待をしてしまいました。

もし僕が、人っ子一人いない場所に住んでいて、感染させる余地がないというのなら、通院しなかった。当然、職場の人たちや家族との接触が、普段の生活の中にあるので、そんなことは言っていられません。

そんなわけでコロナ疑惑の恐怖に打ち勝つべく通院。医師の所見では『疲れからの体調不良でしょう。』と太鼓判。念のため、抗原検査とインフル検査を行い、結果はどちらも陰性でした。

これにて一件落着。コロナの疑いが晴れて、僕は職場への早期復帰を果たせたのでした。

愚かな人間よな~~~~~

このとき受けた、抗原検査について

僕が受診した医院では、約15分で検査結果が出ました。

結果が陰性で、ほんとうによかったね、という話・・・だけには留まりません。

コロナのニュースを日常的にみている人にとっては当たり前の話かもしないですが、抗原検査キットの「綿棒(のようなもの)」って、すごく硬くて長いんです。

で、そんなものを鼻の奥に突き立てて、ものすごい勢いで上下左右に振り、さらに、鼻腔内の粘膜を擦り上げるのです。

医師がぐりぐりと検査キットを突き立てている間、鼻の奥で「ゴリッ」と大きな音がしたあと、勢いよく鼻血が出ました。

そう、これこそがニュースなんかでよく聞く、『嗚咽が止まらない、涙がとめどなく流れる、激痛でもがく』と言われていることです。

幸いにも僕の場合は、ニュースで見聞きするほどのものではなく、想像よりも遥かにラク。綿棒らしきそれを抜いたあと、多量の鼻血が出たくらい済みました。

医院の看護師さんが、『あっ、トイレ行ってくださいね』と声をかけてくれたので、他の患者さんに鼻血が噴き出している様子を目撃されることはありませんでした(周囲の人を動揺させてもアレですし、血液が飛び散るような事態になっては大変ですからね)。

ちなみに、一般的に言う抗原検査とは、以下のようなものを指します。

抗原検査とは

検査したいウイルスの抗体を用いてウイルスが持つ特有のタンパク質(抗原)を検出する検査方法です。
PCR検査に比べ検出率は劣りますが、少ない時間で結果が出る、特別な検査機器を必要としないことから速やかに判断が必要な場合等に用いられることが多いです。

みなさんが病院でインフルエンザの検査をするときはこの抗原検査を行っていることが多いです。

引用元:TOKYO BUSINESS CLINIC PCR検査と抗原検査と抗体検査の違いって? | 東京ビジネスクリニック

かかりつけ医がない場合の対処について

かかりつけ医がある場合は、医師と相談して、その後の対応を決めることができます。

しかし一方で、かかりつけ医がない場合は、発熱の症状を受け入れられる病院が限られていて、すぐに受診できません。

かかりつけ医がない場合は、まず保健所へ連絡し対応について相談。あるいは都道府県のホームページから、対応できる医療機関を探す必要があります。

僕が住んでいる大阪市の保健所によれば、以下の方法で、対応する医療機関を探すことが可能です。

  1. 救急医療センターへ連絡・相談
  2. 大阪府のホームページから、医療機関の一覧(Excelファイル)をDLし参照

※大阪府にお住まいの方は、以下のリンクから「大阪府 診療・検査医療機関 公表一覧 [Excelファイル/29KB]」をDLしてください。 大阪府/「診療・検査医療機関」について

発熱による倦怠感から、探しものをする余裕がなかったので、まずは救急医療センターへ連絡するも、混雑により繋がらず。この状況下なので、よほど急を要する以外は、救急医療センターへの連絡ではなく、自分で医療機関を探したほうが良いです。

まとめ

コロナの抗原検査の結果は陰性でしたが、もし陽性だったら?と考えると、僕の周りに居た人たちを巻き込む可能性がありました。

今回のことを受けて、僕自身の認識の甘さに辟易としてしまったこと。それから、コロナ禍に慣れきってしまった人たちの様子。これを照らし合わせると、僕もまた、コロナ禍に慣れてしまった人、ということになります。

普段から感染予防をしていても、何かの拍子でコロナに感染、そして拡大させてしまう側になる可能性はいくらでもあります。

僕がここで言いたいことは、『自分は大丈夫』なんて思わないようにしてほしい、ということ。コロナ禍が去るまで、まだまだ先は長く暗いトンネルの真っただ中。しかし、もうしばらく辛抱すれば、その先には今よりも明るい未来があると信じて、皆で力を合わせて頑張りましょう。

※自分が綺麗ごと言ってるなーってのは、百も承知でございます