ベアのす

ガジェットとかお菓子とか雑記

【エレコム】コンパクトキーボード「TK-FBP102BK/EC」。これ打ちやすくて好きなやつだ

打ちやすくてお手頃価格のキーボードを買いました。

エレコム「TK-FBP102BK/EC」

TK-FBP102BK/EC

エレコム株式会社は、2020年4月頃、iPad Proに対応したワイヤレスキーボードをリリース。

最大の特徴は、3台までのマルチペアリング。Fnキーと「A」「S」「D」を押下することで、ペアリングを切り替えられる。

スペック

特筆すべき点はない。

だけど、とっても使いやすいキーボード。

詳細
型番 TK-FBP102BK/EC(JAN:4549550158725)
接続方式 Bluetooth 3.0 Class2
対応OS WindowsAndroidmacOS Catalina(10.15)、iOS13.4、iPad OS13.4
マルチペアリング 3台
カラー ブラック
電波周波数 2.4GHz帯
通信距離 金属製の机の上:約3m 木製の机の上:約10m
キータイプ パンタグラフ
キー配列 78キー(日本語配列) ※iOSの「かな入力」は非対応
キーピッチ 19mm
キーストローク 2mm
ホットキー数 13
電源 単四乾電池×2本(持続:約1年間)
外形寸法 幅286.5mm×奥行121.5mm×高さ20.4mm
質量(キーボード本体) 約264g
付属品 ユーザーズマニュアル×1、動作確認用単4形アルカリ乾電池×2
保証期間 6ヶ月
対応プロファイル HID(Human Interface Device)
その他 かな印字なし、変換・無変換はFnキーで切り替え
価格 ¥4,532(税込)※Amazon参考価格:¥2,500

使用感など

打鍵感:良好

パンタグラフがしっかりとしている。

キーを押下すると、きちんと反発がある。

そして打鍵音は意外にも静か。ややカチャカチャと鳴るけど、気にならない。

キーが大きくて打ちやすい

小型のキーボードは、キートップ自体が小さいことが多い。

しかし、「TK-FBP102BK/EC」はフルサイズと同じキートップサイズ。

妙な角張りや、丸みがないので、素直に打ちやすいです。

かな印字なし、スタイリッシュ

かな印字の有無で、キーボード全体の印象がガラリと変わる。

個人的には「かな入力」は一生使うことがないので、かな印字は必要ないです。

軽量で持ち運びに適している

「TK-FBP102BK/EC」は、約264gと軽量です。

これはiPhone SE1が2台分くらいの重量。

スーパーで300gのお肉を持ってみると、わかりやすいと思います。

とにかく軽いです。

Fnキーの配置が絶妙

小型ワイヤレスキーボードは、Fnキーが一番左下(WindowsだとCtrlキーがあるところ)なことがあったりなかったりするわけです。

Ctrlの1つ右側にズラしているあたり、配慮を感じる。

どんなOSでも使いやすい

TK-FBP102BK/EC OS切り替えはキーで対応
OS切替はFnキーとQ、W、Eキーを組み合わせる

マルチOS対応なので、基本的に印字通りのキー入力が可能。

電源スイッチが表にある

TK-FBP102BK/EC 電源スイッチが表に
電源スイッチはキーボード右上にあり操作が容易

ちょっとしたことだけど、スイッチのオフ・オンに便利。

微妙だと感じたところ

キートップの沈みがあった

TK-FBP102BK/EC 初期不良 キーが沈んでいる
よく見るとほかのキーも、全体的に右へ傾いている

これは初期不良。右矢印キー(→)が沈んだままになっている。押下されっぱなしではないので通常通り使用が可能。

個体差が多いかもしれない。

設定用アプリがない

使わないホットキーはなくてもいいので、対応するキーが入れ替えられると嬉しい。

これだけはアカン・・・

キー配列がUS

個人差が出るところ。

テキスト入力向けのキーボードなので、JISにしてほしかった。

カギカッコがBackspaceとEnterの間にあるのが、地味にうっとうしい。

キー入力中に反応しなくなることがある

遅延とかではなくて、キーボードが完全に停止することが稀にある。

数秒すると復帰するので、今のところ支障なし。

まとめ:低価格ながらも、全体的によくまとまっている

Amazonプライムデー2020 秋に、¥1,999で購入。通常は¥2,500くらいで販売しているようだ。

低価格帯だと、機能の一部が犠牲になることが多いのだけど、「TK-FBP102BK/EC」はおおむね良好。

むしろこのクオリティで2,000円台というのはコスパが良いと思いました。