ベアのす

ガジェットとかお菓子とか雑記

コスパ最強!迫力がありすぎて飛び跳ねるBluetooth スピーカー EWA A106 PRO!2千円以内で買えて超オススメ!

f:id:qumata:20200503170635p:plain

クマタ

今回はBluetoothのコンパクトスピーカーを買ったよ。EWAのA106 PROっていう製品。EWAは中国の深セン市に拠点を構える「Shenzhen J.Y.M Electronic Co.,Ltd.」というメーカーのブランド。スピーカーなどガジェットを作っている企業だよ。

ぐま

中国ってガジェットに精通した会社が多いですね!でも、Shenzhenはちゃんとした会社なんでしょうか?

クマタ

現地に行かないと実情は分からないけど、販売実績が多い。Amazonのストアフロントで評価数500超え、肯定的な評価が93%なので、大丈夫と思うよ。

ぐま

それなら安心できますねぇ!どんなスピーカーなのか楽しみです!

もくじ

概要と製品仕様(EWA A106 Pro)

真上から見ると、シャワーヘッドに見えなくもない
無数に空いた穴は、迫力のあるサウンドを放出する。僕はこれを「ビッグバン・サウンドシャワー」と呼んでいます。そんな迫力とは裏腹に、音がクリアで聴き取りやすい。音量を上げても音が割れるようなことはなく、しっかりと重低音を響かせます。

そして何よりも価格。Amazonで1,999円で販売されている。正直、5,000円くらいまでの同じような価格帯の製品と比較すると、A106 Proのほうが勝っている点が多いです。

試しに、1.2万円するJBLの「Trip」と聴き比べてみたところ、EWA A106 PROの圧勝。音の傾向が異なるので一概には言えませんが、僕はA106 Proのほうが良かったと感じました。

製品仕様

項目 内容 備考
製品名 A106 Pro 非Pro版あり
Bluetooth 3.0(?) 改善したとの公式発表あるが、バージョンについては非公開(旧機種は3.0)
スピーカー径 φ4.8
オーディオ出力 3W
バッテリ容量 700mAh
連続再生可能時間 15時間
動作範囲 20cm
技適 工事設計認証番号210-122135
安全性 RoHSCEマークあり

フォトギャラリー

A106 Pro 商品箱1(表紙)A106 Pro 商品箱2(背表紙)A106 Pro 商品箱3(左側)A106 Pro 専用ケース専用ケースに本体を収納してみた上から見たスピーカー部分
商品箱から本体の何から何までがシャレている

迫力がすごい

youtu.be

※2分38秒くらいから再生します

音圧がスゴすぎて、地響きがします。

こんなに小さいのに、どっからそんなパワーが!?

試しに小瓶に水を入れて、スピーカーの上に置いてみました。およそ100mlくらいの水でしたが、小刻みに震え、ビンが飛び跳ねる。音量を上げるごとに勢いが増していき、倒壊の危機。とりあえず危険だったので、Windows10の音量60%で止めてしまいました。

とにかく、迫力が凄いのは確かなので、小型スピーカーのスカスカの音に満足できない人は、ぜひ買ってみるのが良いと思います。

クマタ

中華製だからあまり期待していなかったのだけど、見事に裏切られました。これは紛れもなくホンモノですな。

ぐま

どーんwwwwwどーんwwwww迫力ヤバすぎw

EWAについて

中国の深セン市に拠点を構える、強力なガジェットをつくるベンチャー企業「Shenzhen J.Y.M Electronic Co.,Ltd.」がつくったブランド。EWAが2012年に立ち上げられて以来、衝撃的な価格で高品質なイヤホンやスピーカーを排出。中国内では非常に人気が高いブランドです。

ぐま

ドバイ、タイ、アメリカにも支店を構えているらしいです~。けっこう大きなメーカーなんですねえ。

Qumata的おすすめ度

言うまでもなく100%オススメできますね。

小型・Bluetooth・音が良い・安いなどなど、メリットが多い機種です。買って損するようなものではないので、1つは持っていても良いと思います。

留意しておきたい点

完全防水ではない

IP67等級の防水性能がある、とされていますが、USB端子が剥き出しです。内部が防水だったとしても、端子が防水じゃなさそうなので、錆びてくる可能性があります。防水機能については、あくまでも「おまけ」程度に認識しておくのが良さそうですね。

ぐま

お風呂で使おうと思っていたので、ちょっと残念ですね、、、

ボタン1つで操作しないといけない

A106 Pro オススメ
スピーカーの操作は、本体の物理ボタン1つで行う

状態を表示させるための液晶がないので、ボタン1つで操作する必要があります。

ただ、Qumataは購入してから2ヶ月間、一度もボタン操作していません。選曲はスマホなりPC側でやれば問題ないですし、音量の調整もOS側でやってます。むしろ、敢えてスピーカー側でコントロールする必要がありますでしょうか?リモコンは、スマホ側でやったほうがスマートですね。

クマタ

どうしてもスピーカー側でコントロールしたいのであれば、素直に液晶が付いているタイプを買ったほうが幸せになれそうです。

遅延はある

1秒未満の遅延が発生します。これはどんなBluetoothスピーカーでも発生することなので、解決するのは難しい。体感で0.6秒~0.8秒ほどかと思うので、気になる人は耐えられないかもしれません。僕は気になる人ですけど、敢えて気にならないフリをしています。そのほうが幸せ。

ぐま

グマは音楽しか聴かないから大丈夫!

まとめ

A106 Proは超おすすめのBluetoothスピーカー
シンプル・イズ・ベスト

2,000円未満で買えるBluetoothスピーカーの中では最強。A106 Proを超える製品があれば教えてほしいくらい。もちろん好みの問題もあるかと思いますが、小型でこれだけの音質なら納得できます。とにかくコスパ最強。下手に5,000円くらいのものを買うより、こちらを買ったほうが良いと言えます。