ベアのす

ガジェットとかお菓子とか雑記

とりあえず1コは買っておいて損はない、中華製激安マウス「iMICE G-1800」

f:id:qumata:20200510190501p:plain

もくじ


iMICE G-1800(E-1800)ってどんなマウス?

クリックしたときの感触が非常に良く、扱いやすい。

価格もお手頃で、599円。

しかし、誇大広告と一部の虚偽のおかげで、買うのを躊躇ってしまう。

製品としてはマトモなので、セールスが下手くそな非常に惜しいマウス。

クマタ

ゲーミングマウスとして販売されているが、もちろん期待しているような機能や性能は無い。普通のオプティカルマウスである。


製品仕様

iMICE龍のデザイン

項目 備考
型名 iMICE G-1800 E-1800もあるらしい?
メーカー SIUOLIK メーカーサイト見当たらず
DPI 800/1200/1600 ボタン切替式
接続方式 USBレシーバ 2.4GHz
サイドボタン 無し ボタン数4とあるけど、サイドボタンではない
サイズ(縦・横・高) 11.5・80・4cm
重量 64g 電池含まず
生産国 中国
価格 599円 3,899円は地雷っぽいので注意


開封の儀

化粧箱

左:ブルー 右:レッド

箱の見た目が非常に良い。カラフルで色のチョイスが良い。

箱を開けた

箱をパカッと。緩衝材はプチプチだけ。取り出しがラクで、ゴミも少なくて良い。

マウス本体は、新品の機械製品臭があるものの、キツイ感じはしない。

説明書つき

説明書はすべて英語。中国語だと読めなかったので、英語で良かった。

2色展開

カラーバリエーションは2色。左:ブルー 右:レッド・・・とのことだけど、ブルーではなくブラック。

レシーバは電池ボックスの中

中華マウスあるあるで、電池ボックスの中にUSBレシーバが入っている。気づきにくい。


注意点

単4電池×2で動作するのだけど、乾電池は入っていない。別途用意しよう。

ぐま

まー安いので、これはしょうがないですねえ


使用感など

★×5つが満点。


握りやすさ(★★★★)

指がスッと載る。フィット感よし。

ただ、手が大きめなクマタでも、すこし大きく感じる。

日本人の平均的な手のサイズに合っていない。


触り心地が良い

赤ちゃんの肌のようにスベッスベ。マット感があって、なかなかに良い。ついサワサワしてしまう。


クリック性能(★★★★★)

とても静かで、ほとんど音がしない。クリックボタンの下に、クッションを一枚挟んだような感触あり。

これだけ静かなマウスは、そうそう無い。

いまのところチャタリングは発生していない。

クリック感が良い

「トクットクッ」といったフィーリングがあって、中毒性が高い。意味もなくクリックしたくなる。


ラッキング性能(★★★★)

数ミリ単位でマウスカーソルが反応するため、価格の割には性能が高めな印象。

試しに「CS:GO」をプレイしてみたけど、普通に楽しめた。

ただし、素早い動きには弱く、即座に反応しないことが度々あった。

ガチでゲームを楽しむには、あと一歩足りない。

ラバーソールの取り忘れには要注意

G-1800のラバーソールには、保護シートが貼り付けてある

気づきにくいけど、これがあることでトラッキング中に違和感が出る。

特に、細かい操作中に引っかかりを覚えるので、使用前に除去しよう。


ホイール性能(★★★)

ほどよいチルト感があって、スクロールが快適。

しかし、ホイールの軸が柔らかく、圧をかけすぎると折れそうな印象。


見た目(★★)

iMICE G-1800の棒人間はダサすぎwww

龍のイラストが印字されていて、縁起物と思う一方で、棒人間のイラストは合わない。


品質に疑問符

バリが目立つ電池の蓋

電池ボックスの蓋。バリが目立つ。

ラバーソールのズレ

マウス裏面のラバーがズレている。

使用には大きな影響はないのだけど、ちょっと気になるかな。


価格の妥当性(★★★★★)

見た目には難があるけど操作性が良く、600円は安い。

だけど、これが1,000円と言われたら買わない。


オススメ度(★★)

多くを求めなければ、コスパに優れていて良いと思う。

ただ、これをメインには出来ない。

用途によってはオススメできるので、評価は★2つとした。


こんな人にオススメ

静音で無線の安いマウスが欲しい人

メーカーとか見た目はこだわらない、とにかく安いのが良い人。


予備のマウスが欲しい人

メインのマウスが故障したときの、バックアップ用に。


G-1800に似たマウス


サンワサプライ MA-WH123W

クリック感が似ているため、G-1800で代替できそう。


マイクロソフト GMF-00011

G-1800よりも質感が高く堅牢性はあるが、マウスとしての性能はほぼ同等。


怪しい点

f:id:qumata:20200510191330p:plain

細かく分析すると、とんでもない量になりそうなので2つだけ。


その1:メーカーサイトがない

Google検索で調査して分かったことは、不特定多数の業者が代行販売していることだけ。

なお、複数の怪しいECサイトで販売を確認。中には「フィッシング詐欺サイト」をKasperskyが検知。もし海外のECサイトで見かけても、危険なのでAmazonで買うのが良いだろう。

ぐま

販売元が不明なだけで、これだけ胡散臭く感じるのですね~~


その2:型名が2つあるけど、どちらも同じ製品

「E-1800ブルー」と「G-1800レッド」を購入したのだけど、いずれも「G-1800」だった。

クマタ

「G」はゲーミングだとして、「E」ってなんだろう?


気に入らなかった点

1. サイドボタンがない

ブラウジングのとき、戻る・進むボタンの有無で、操作性のストレス値が異なる。


2. 乾電池が2本必要

単4電池×2

100円ショップの乾電池は4本入。

1本ずつ消費するのと、2本ずつ消費するのでは、コストが違う。


3. マウスサイドがラバーではなくプラスチック

マウスの両サイドがプラスチック

マウスのトップ(表面)はシルキーな手触りで最高。

サイドだけプラスチックで統一性がなく、安っぽく感じてしまう。

ぐま

滑り止めとして溝があるけど、夏場は手垢がべっとりになるんだよね~;;


まとめ

普通の光学式マウスとしては優秀。無線と静音の安いマウスが欲しければ買っても良さそうなレベル。

必要なくても、とりあえず1コ買っておこう!

ちなみに、Amazonでは「E-1800」と表記されているけど、届くのは「G-1800」なので注意しておこう。