ベアのす

ガジェットとかお菓子とか雑記

Pixel 5のディスプレイについてあれこれ

Pixel 5のディスプレイについてあれこれ

随時加筆していきます。

 

 

151 mm ディスプレイ(6インチ)

対角15 cmでスマホにしては大きめサイズ(2012年度比較)。

パンチホールカメラあり

画面左上に位置するため、邪魔になりにくい。

ゲームをプレイするときは、左下になるように持てば視界に入りにくいです。

カメラのスペック

取り立ててキレイ!というわけではなく、普通に観れるレベルです。

セルフィーも問題ありませんが、より美しくというのであればiPhone 12のほうが美顔効果があります。

  • 8 メガピクセル
  • ピクセル幅 1.22 μm
  • 絞り値 ƒ/2.0
  • 固定フォーカス
  • 視野 83°

アスペクト比 19.5:9(FHD+ 1080 x 2340)

ハイビジョンTVより少し横長。

縦長に表示できるので、一度に目視できる情報量が多いです。

YouTubeで16:9の動画を視聴すると、左右に黒帯が表示されます。

※画像は自身のYouTubeチャンネルの動画内から抽出

フレキシブル OLED、432 ppi

有機EL(OLED)、432 ppiなので、文字や映像がとても滑らかに表示されます。

また、発色が鮮やか且つ、自然。目が疲れにくいです。

有機ELの特徴は以下。

  • 薄型
  • コントラスト比が高い
  • 視野角が広い
  • 消費電力が少ない
  • 湾曲させられる
  • 常時表示、部分表示が可能
  • 製造コストが高い
  • 時間経過で劣化する
  • 焼き付きが発生する
  • 輝度が低い

バックライトを必要としない有機ELは、液晶の素子自体が発光します。

そのため真っ黒を表現するときは、部分的に消灯することができ省エネが実現できるというわけです。

ただし時間経過や劣化や焼き付きが発生するため、小まめに画面を消灯させたほうがいいです。

コントラスト比 >1,000,000:1

有機ELならではのコントラスト比。

明暗がクッキリしていて、黒色がとても引き締まって表示されます。

HDR サポート

従来の液晶だと白飛び、黒飛びしやすい場面でも、きれいに発色します。

そのため、暗い映画のシーンや、極端に明るいシーンでもハッキリ表示させます。

Pixel 5はHDRをサポートしているため、動画・写真の視聴に適しています。

24 ビット フルカラー(1,600 万色)

一般的なパソコン用モニターと同じくらいの色数です(True Color)。

これよりも色数が多いパソコン用モニターもありますが、人間が認識できる限界ともいわれています。

そのため、これ以上の色域表現が必要かどうか、と聞かれると疑問に思います。

なお、同世代のiPhone 12は、Display P3に対応していますので、そちらのほうがスペックが高いです。

普通に使う分には何の問題もありません。

常に表示状態のディスプレイ

スリープ状態で、時計や通知を表示させることができます。

有機ELの特徴として、画面の一部だけを発光できるため、IPS等の液晶よりも省エネです。

ただし、これを使う場合は寿命を削ることになりますので、出来るなら使わないほうがいいかもしれません。

→類似の機能をもったデバイス:Apple Watch(シリーズ5、6)

「この曲なに?」機能

通知画面に表示させることができる機能なので、ディスプレイの技術とは関係なさそうな気がしますが、公式によるのでご紹介。

通知画面に表示させた例。

この機能のすごいところは、Pixel 5(4)が聴いた曲を履歴として残せちゃうことです。

もちろん、聴かせただけで曲名を判別するのはとても凄いことです。

この機能を常時オンにしておいて、気が向いたときに履歴から振り返ることで、そのときの記憶がよみがえってくるかもしれませんね。

たとえば、こんな場面で

「ショッピングモールや飲食店にて、流れている曲が何だったか知りたい。」

だけど、その場でスマホを取り出せないなどの理由があったとしても、履歴として残るのであとから調べることができます。

↑「会社の上司と一緒にご飯食べてる」とか、「配偶者の両親と一緒にいる」だとか、そんな場面ならスマホを取り出すのは抵抗がありますよね。

あとは、単純にスマホを取り出すのが面倒なこともあります。

これがあれば、何の曲だったのか気になって仕方がない!となっても、安心して過ごせます。

Windowsのスマホ同期にも表示されます

「デバイス パーソナライズ サービス」という名目で曲名が表示されます。

タッチスクリーン

フィルムなしの状態と、ありの状態では感度が異なります。

フィルムを貼った場合は感度が下がるので、設定を変更しましょう。

変更方法

設定→ディスプレイ→「タップの感度の向上」をオンにする

スムーズ ディスプレイ(最大 90hz 対応1)

スクロールが滑らかになります。

電池の減りが僅かに速い気がします。

90hzに対応するゲームがそう多くないので、ゲーム目的なら微妙な気がします。

ただ、60hzモードよりもヌルっと感があるので目が疲れにくいです。