ベアのす

ガジェットとかお菓子とか雑記

USBキーボードやマウスを無線化できる、USB2BT+を本気で使った感想(1ヶ月目)

「好きなUSBキーボードやマウスを、Bluetoothにしたい」

デスクトップで頻繁に使うUSBキーボード。USBポートが付いていないノートパソコンやタブレットでは使えません。(最近はUSB-Cオンリーな機種が増えている)

ハブがあれば解決しますが、取り付けるのは抵抗感があります。

そんな悩みを「USB2BT+」で解決してみました。

当ブログ評価:(4.5)

USB2BT+について

USB2BT+
パッケージには、イメージキャラクター「メイ」が

USBキーボードやマウスを、Bluetoothに変換できるアダプタです。

モバイルバッテリやUSB充電器などから給電して使います。

動作確認に使用したキーボードは、東プレ「REALFORCE」、Mistel「BAROCCO MD770 RGB」の2つ。電源は「Te-Rich 電源タップ」と「Anker PowerPort 6」を使いました。

ちなみに、キーボードやマウス、ゲームパッドを同時に使用する場合は、USBハブが必要なので事前に用意しておきましょう。

【スペック】

  • 対応機種:iOSandroidWindowsMac OS1
  • 対象入力デバイス:キーボード/マウス/ゲームパッド
  • 接続コネクタ:USBタイプA(電源はマイクロUSB-A 5V)
  • 無線方式:Bluetooth 2.1(HIDプロファイル)2
  • 通信距離:約3m?3
  • 使用可能な温度:0〜40℃(結露なきこと)
  • サイズ:横76×奥35×高16mm(突起部は含まない)
  • 重量:約50g
  • 商品内容:本体×1/保証書
  • 保証期間:購入から1年間
  • 製造国:中国
  • 本体価格:約7,000円

USB2BT+
無骨なデザインがカッコいい

デザインについては賛否がありそう。嫌いではないですが、中身が見えるクリアケースじゃなくても良かったかも?

価格についても「ちょっと高くない?」が正直なところ。もう少し安ければ、買うための勇気は必要なかったです。

ちなみに僕が買った時は、6,800円でした。

良いところ

1ヶ月間、フル活用してみました。

基本的には最高としか言いようがない、神アイテムです。

マルチペアリングが最高!

Windows(デスクトップ)と、MacBook AiriPadの3台を行ったり来たりしてます。

3台を切り替える理由は、それぞれの用途が異なるからです。

Windowsはゲーム”、”MacBook AiriPadはブログ用”として使用しています。

USBハブ切替器を経由して、USBキーボードって選択肢でも良かったんですが、端末を切り替えるごとに、ケーブル抜き差しするのが面倒くさいです。

↓こんなこと、面倒くさくてやってられない・・・

USB2BT+

大きすぎない

USB2BT+
単三乾電池との比較

フリスクのケースと同じくらいの大きさ。単三乾電池なら、2本とちょっとです。

小さいので、スペースの確保に困ることはありません。

また、鞄に入れやすいサイズなので、持ち運びに適しています(重量は約50g)。

シンプルな操作で扱いやすい

Bluetoothキーボードを使ったことがあれば、イメージしやすいと思います。

【ペアリング操作】

  1. 登録先のボタンを押下する(1〜3まで登録が可能)
  2. 「ペアリング」ボタンを長押し
  3. 端末側でペアリング操作
  4. 完了

登録できるボタンが3つあり、使いたい端末をそれぞれにペアリングします。

使用する端末を切替えする場合は、登録したボタンを押下するだけ。パススルーなので、切替ごとのパスコード入力はありません。

端末を頻繁に切り替える場合は、とても便利です。

気になるところ

基本的に最高な神アイテムですが、気になるところはありました。

ケーブルの取り回しが難しい

USB2BT+はコンパクトで軽量なので、スペースは取りません。

しかし、ケーブルを差すとゴチャゴチャになりやすい。ケーブルをきちんとマネジメントする必要があります。

USB2BT+
ケーブルマネジメントが必須

情報が少ない

USB2BT+のユーザーコミュニティが見つかりません。

ブログサイトで断片的な情報を拾うことはできましたが、僕がしりたい情報がネット上にはありませんでした。

例えば、通信可能な距離や動作可能なキーボードの一覧など。Google、Yahooのどちらで検索しても、情報が少なかったです。

せめて公式ウェブサイトで情報公開していれば、購入の手助けになると思いました。

まとめ

値段が高いですが、それに見合ったパフォーマンスを発揮します。

USB2BT+の真髄は「複数台の端末を簡単に行き来できる」こと。キーボード対パソコン1台だと、発揮できるパフォーマンスが低いと思いました。

もちろん、キーボードやマウスを無線化できるってだけでも便利ですけどね。


  1. 設定ソフトをインストールできるのは、Windowsのみ。

  2. HID=Human Interface Device

  3. 見通しの良い室内で計測。公式スペックは非公開のため不明。