ベアのす

ガジェットとかお菓子とか雑記

ゲーミングマウスが48円!e-Sports参入している企業への宣戦布告か

YOKINO 6D Wireless Gaming Mouse

クマタ

見てみて。このゲーミングマウス。なんと48円だったよ。

ぐま

えっ!どうしてそんなに安いんですか?ダイソ●より安いじゃないですか!

クマタ

伏せ字が伏せ字になってないよ・・・。それはともかくとして。ええと、これはAmazonマーケットプレイスで中国から輸入したものだよ。2020年3月頃に到着していたのだけど、新型コロナの影響があったから、しばらく開封せずに放置していたんだ。

ぐま

な、なるほど・・・。新型コロナの影響があっても、チャイナポストは届くんですね。すごいです!

クマタ

ねー、すごいよね。ちなみに輸送費は900円くらいかかってるよ。発送~到着まで3週間待ったしね。まあこれが48円で売られていることは凄いと思うけど。

ぐま

商品より輸送費のほうが高い・・・。ヤフオ●で当たると嫌なやつですねえ。

もくじ

製品仕様と概要(YOKINO 静音 ゲーミングマウス)

よくあるゲーミングマウスと似た形状
このクオリティで48円とかなり安い。さすが中華クオリティといったところ。何故か500円で売られている100円ショップのゲーミングマウスと良い勝負していると思います。

しかしながら、このゲーミングマウスは致命的な欠陥を抱えている。YOKINO公式によれば、左右対称とのことだけど、その実はどちらも外側に向かって反っている。つまり、指が外側へ向くため掴みづらい。試しに左手で持ってみたところ、手の収まりが悪い。「でもそんなの関係ねえ!」とか、「多少はね?」ってひとなら苦しむことなく使えそうな気がします。

項目 内容 備考
型名 YOKINO Wireless 6D Gaming Mouse
接続方式 USB無線レシーバ 2.4Ghz
材質 ABS樹脂 表面の一部のみ?
DPI 1200? 3段階調整可能(?)
ボタン数 6 実際に使用可能なのは"5"
LED なし
静音性 なし
Bluetooth なし
専用ソフト なし
同梱物 2.4GHz USBレシーバ
持ち手 両手用 マウス側面が左右どちらも外側へ反っている
クマタ

カラバリは2種類。僕が買ったのはグレーだけど、もう1つはブルー。248円です(人気カラーなのかな?)。

外観ギャラリー

f:id:qumata:20200430001211j:plainf:id:qumata:20200430001215j:plainf:id:qumata:20200430001218j:plainf:id:qumata:20200430001223j:plainf:id:qumata:20200430001228j:plainf:id:qumata:20200430001232j:plain
チープなデザインだけど、ちゃんとゲーミングマウスの形状

参考動画(Apex Legendsをプレイ)※5月5日追記

youtu.be

総評:普通に使えるレベル

ブラウジングくらいなら難なくこなせて、コスパ最高。ゴロ寝PCとかタブレットに良いです。

ただ、本格的に何かをやるとなれば、ストレスがハンパなく溜まります。

「MouseTester」でセンサー精度を計測

愛用のゲーミングマウス「Logicool G102」と比較してみた。もちろん結果は言うまでもないけど、G102の圧勝。普通の人なら、G102を買うと思うので細かい感想は割愛します。

Logicool G102

G102 mouse tester 1
青の軸線に、ドットが収束していると精度が高い

まずこちらが、G102を左右に振ったグラフ。ゲーミングマウスの中では安い製品だけど、精度が高いことがわかりますね。

続いて、半径5cmくらいの円を描いてみました。

G102 mouse tester 2
G102で円を描いてみた場合のセンサー精度

やや不規則に見えるのは、ただしく円を描けていないから。軸線に対し、ドットが収束しているので精度が高いと思います。

YOKINO 静音 ゲーミングマウス

YOKINO gaming mouse  mouse tester 1
驚くことに、G102と大差がない結果となった

G102と同じ間隔で左右に振った、YOKINO 静音 ゲーミングマウスの結果。後半(グラフ右側)の軸が、やや不安定なように見える。しかし、G102とおおむね同じ傾向だったので、十分に使えるレベルだと判断できます。

YOKINO gaming mouse  mouse tester 2
G102に大敗してしまった、中華製マウス

G102と同じく、半径約5cmの円形を描いてみた。この結果から察するに、YOKINOのマウスは小刻みな動きに対応しきれていない。つまり、連続した細かい動きは読み取れないということです。

ぐま

細かい作業をやらないなら、YOKINOのマウスでも問題なさそうですね!

気になった点

何もかもが気になるのだけど、がんばって要点を絞ってみました。

マウス側面が外側へ反っている

クマタ

きっと製造過程に、なにかトラブルがあったんだ・・・。そう考えることにしたよ。

マウスボタンの先端が尖りすぎ

YOKINO ゲーミングマウスの先端
すこし研磨すればカッターナイフになりそうだ

ぐま

うーん、グマは指を切っちゃいそうですねぇ・・・。

USBレシーバの収納スペースがあるのに・・・

強盗よろしくといった感じでこじ開けている様子

クマタ

なぜか電池ボックスの中にあるんだよなあ・・・これが。しかもめっちゃ開けにくい!こじ開けたよね!

YOKINO ゲーミングマウスのUSBレシーバ格納
USBレシーバのソケットに収めてみた

ぐま

いちお、ソケットには入るみたいですねえ!

DPI変更ができていない

クマタ

ちょっとだけ変わってるかな・・・?体感はほぼ変わらない。だから、実はDPI変更スイッチが反応していない可能性があるよ。

まとめ

細かい性能を追求しなければ、十分に使えるレベルのマウスでした。ゲーミング用途には不向きですが、ちょっとしたブラウジングくらいなら良いと思います。

ちなみに、Amazonの商品ページは、あきらかに変です。どう変なのかは直接見てほしいですが、そこまで高性能でしたっけ?って感じの内容です。

ただ、これを買うとしても、送料が高い。送料を考えますと、1,000円以下の送料無料をテキトーに買うのが良いんじゃないでしょうか。そんな当たり前のことを分からせてくれた買い物でした。